読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

semai92117’s diary

想い出の記録 掲載写真の著作権を留保しますので無断転用はお断りです

定山渓

昔のこと

北海道と言えば野趣溢れる温泉が各地にあって、有名所の別府や熱海などの温泉地とは全く違う魅力が溢れていた。お小遣いを貯めて蒸気機関車を撮りに遥々遠征していた貧乏学生には無縁だけれど、札幌の郊外に定山渓温泉があり道内で一山当てた成金や高給取りの人々の憩いの場所だった。昔風に言うと、札幌の奥座敷と言った場所だろう。

その定山渓温泉に遊びに行く人を当て込んだ鉄道が、定山渓鉄道だった。

私が出掛けた1968年頃には、既に経営が傾いて廃線の噂が出ていたので、出掛けた。

当時の北海道の国鉄は、蒸気機関車が主流で殆どが非電化だったが、定山渓鉄道は電化されていて、電車が走っていた。勿論市内を走る各地の市電は電車だったが、こちらは小型電車でなく立派な電車が走っていた。なかなかスマートな電車も居て、廃線後は他社に売却される程立派な車両だった。

日常飽きるほど電車を見ている私が、まともに電車を撮ろうと思ったのは、この時だろうと思われる。味のある古い車体と洗練されたスマートな電車が混在する不思議な鉄道だった記憶がある。

鉄道は廃止になったが、会社はバス運行へと変わり現在も定鉄バスとして続いている。

f:id:semai92:20160912141053j:plain

定鉄豊平駅にて

f:id:semai92:20160912141320j:plain

スマートな車体の2101